go_down

富士山で滑ろう、
遊ぼう
ゲレンデマップ

東京・横浜・静岡から90分、簡単に日帰りの出来る、
富士山のスキー場「ふじてん」。
富士山・河口湖の眺望を満喫しながら滑るダウンヒルコース
スキー・スノーボードの初心者には広くゆったりと滑れるファミリーゲレンデ
スノーボーダーにはキッカー、レール、ボックスなどアイテムが充実のSnowPark
お子様には専用ゲレンデと雪遊び・そり遊びができる「ちびっこ愛ランド」など
みんなでたっぷり遊べるスキー場です。

今日のゲレンデコンディション

08月18日 金曜日

本日定休日となります

  • ちびっこゲレンデ
  • ファミリー
  • ちびっこゲレンデ
  • ファミリー

  • ちびっこゲレンデ
  • ファミリー
  • ちびっこゲレンデ
コース案内


ファミリーコース


ゲレンデ

スキーヤー・スノーボーダー初級者におすすめの緩斜面のコース。最大斜度10度、最大幅70mの幅の広い穏やかコースは練習にぴったりです。
また子供たちと家族そろってスキー・スノーボードを楽しむファミリースキーもおすすめ。
下まで滑り降りて振り返れば、富士山が美しいコースです。

リフトは、ファミリーリフト(ペア)。
スキー・スノーボードを持ってリフトに乗れます。
小さいお子様は、大人がだっこしてリフトに乗ることもできます。

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03
イメージ画像04
イメージ画像05

標高差 60m 標 高 1345m~1285m 滑走距離 470m 最大斜度 10度 最大幅 70m 最小幅 50m

ライン


スラロームコース


ゲレンデ

林に囲まれた本格ムードが特徴の、スキー・スノーボード併用コース。
クワッドリフトで登り、滑り出すと正面見える御坂山系の山並みが絶景ゲレンデ。後ろを振り返れば富士山も美しいゲレンデです。ナイター実施ゲレンデですので、オレンジの灯りに映るゲレンデもロマンチック。初級・中級のスキーヤー・スノーボーダーにお薦めですがもちろん上級者にも。

リフトはクワッドリフト(高速4人乗り)。
スキー・スノーボードを持ってリフトに乗れます。
小さいお子様は、大人がだっこしてリフトに乗ることもできます。

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03
イメージ画像04
イメージ画像05

標高差 160m 標 高 1445m~1285m 滑走距離 1330m 最大斜度 12度 最大幅 40m 最小幅 30m

ライン


なんちゃってSnowPark


ゲレンデ

少し上達してきたら、変化のあるこちらのコースにも挑戦!
なんちゃってSnowParkは、スラロームコースの下部に併設してある全長200mの間にウェーブが設置され、子どもから大人まで楽しめます。(1月中旬より期間限定)

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03

ライン


ダイナミックコース


ゲレンデ

大きなバーンが特徴のスキー・スノーボード併用コース。
中腹のレストラン「もみの木」で食事をすることが出来ます。
ここもナイター営業滑走コース。上級者コース、スノーボードパークへ行きたい方はこちらのコースから抜けられます。
本格的な練習をするにはピッタリのコースです。

リフトはクワッドリフト(高速4人乗り)。

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03
イメージ画像04
イメージ画像05

標高差 160m 標 高 1445m~1285m 滑走距離 1300m 最大斜度 15度 最大幅 50m 最小幅 40m

ライン


なんちゃってモーグル


ゲレンデ

さらに上達したら、ダイナミックコースを降りて左に抜けるコース途中にある「なんちゃってモーグルコース」にチャレンジしよう。
ここは初めて本格的なコブに挑戦しようと考えている人のために作られたコブライン。
ここをクリアできるようになったら、ダウンヒルEASTへチャレンジしてみよう。

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03
イメージ画像04
イメージ画像05

ライン


ダウンヒルEAST


ゲレンデ

最大斜度32度の上級者向き専用ダウンヒル。
ダイナミックコースへ続けて滑走すればセンターハウスまでは1500mのロングコース。
そしてパノラマリフトを降りたあたりで見る富士山そして眼下には河口湖が絶景のゲレンデです。
スキー専用コースですが、期間限定でスノーボード滑走可能に!
最大斜度32度にできる手強いコブコースに是非チャレンジ。また急斜面を降りきると緩やかな斜面が続き、練習にぴったりなコースです。

リフトは、パノラマリフト。

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03
イメージ画像04
イメージ画像05
イメージ画像05

標高差 80m 標 高 1485m~1405m 滑走距離 500m 最大斜度 32度 最大幅 50m 最小幅 40m

ライン


ダウンヒルWEST


ゲレンデ

眼下に樹海が広がり「精進湖、本栖湖」が見えるこちらも富士山ならではの絶景ゲレンデ。
スクールのバッジテストや大会でも使用する急斜面バーン。
コース全面が整地されており、カービングバーンとしても最適です。
コブを楽しむならEAST、カービングを楽しむならWESTへ。

リフトは、パノラマリフト。

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03
イメージ画像04

標高差 80m 標 高 1485m~1405m 滑走距離 500m 最大斜度 25度 最大幅 60m 最小幅 50m

ライン


SnowPark・ロマンスコース


ゲレンデ

キッカー、レール、ボックスなど人気アイテムを数多く設置。
本格的なストリートアイテムは、ムービー撮影に最高なポイント。
ストリートで楽しんでいるような雰囲気をどうぞ。
レイアウトは定期的に変更しているので、いつ来てもひと味違ったパークを楽しめます。

リフトはロマンスリフト(ペア)。

スノーパークの詳細はこちら

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03
イメージ画像04
イメージ画像05

標高差 140m 標 高 1425m~1285m 滑走距離 990m 最大斜度 25度 最大幅 50m 最小幅 30m
ライン


初級スノーボーダー待望の
「コソ練」コース


ゲレンデ

SnowParkのボックス・レール・キッカーに入りたいけれど、テクニックが足りないと感じているパーク初心者にオススメなのがコソ練。
低いボックスに小さいキッカーでコッソリ練習して、シーズン中にメインパークデビューしちゃいましょう。

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03
イメージ画像04

ライン

ちびっこ愛ランド


雪遊びゾーン (ちびっこ愛ランド内)


ゲレンデ

もちろん、スキーもスノボできない、小さな子供達に雪遊びができるように「ちびっこ愛ランド」には雪遊びゾーンが作られています。
雪でつくられた「ミニ富士山」に昇ったり(降雪量や時期によって作れない場合もあります)
雪でお団子をつくったり。普段あまり雪に触れることができない子供達に、雪の楽しさを教えてあげましょう。

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03
イメージ画像04
イメージ画像05

ライン


ちびっこそりゲレンデ
(ちびっこ愛ランド内)


ゲレンデ

キッズに大人気の雪遊びといえば「そり」
ちびっこ愛ランド内の「そりゲレンデ」でたっぷり楽しみましょう。
そりゲレンデにはそりゲレンデ専用の動く歩道を設置。
だから坂の上りも楽々。小さいお子様でも安心して楽しめます。もちろん「そり」のレンタルもあります。

→詳しくはこちら

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03
イメージ画像04

ライン


ちびっこスノーボードゲレンデ&ちびっこスキーゲレンデ (ちびっこ愛ランド内)


ゲレンデ

スキーやスノボに挑戦したいキッズには、キッズ専用のゲレンデ。
体格もスピードも違う大人に混じることなく小さいお子様が安心してスキースノーボードを練習できます。
スキーもスノーボードも小さなうちに始めれば、上達も驚くほど。
キッズ用のスクールもあります

→キッズ用スクールの情報はこちら

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03
イメージ画像04
イメージ画像05

ライン


なんっちゃてアスレチック
(ちびっこ愛ランド内)


ゲレンデ

子供達にスキーの楽しさを!
「なんちゃってアスレチック」はポールをくぐったり、ボールをたたいたりしているうちに、自然とスキーがうまくなるように作られた遊び感覚の練習エリア。
ただ滑るだけでは満足しない子どもでもこれなら大丈夫。
(混雑時を除く)

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03
イメージ画像04
イメージ画像05

ライン

なお「ちびっこ愛ランド」に入場する際は入場料700円が必要です。
ただし、リフト券(当日利用の1日券、2日券、3日券、スーパー1日券、スーパー午後券、シーズン券(ナイター除く))をお持ちの方は、無料で入場できます。ただし、イベントなどの無料券では入場できません。


メルマガ配信中

既にご登録済みの方のアドレス変更はこちら  メールマガジン配信停止はこちら